余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。

トップ > 蒸溜所 > 宮城峡蒸溜所 > 原酒の特徴「味・香り」

味・香り

華やかで軽やか、ほんのり甘やかな宮城峡モルト。

緑豊かな仙台の峡谷で育まれる宮城峡モルトは、その環境に似て、おだやかでバランスのとれた個性を備えています。果実を連想させる、みずみずしく華やかな香り。軽快でスムース、それでいてふくよかな甘さを感じさせる味わい。力強く男性的な余市モルトに対して女性的と評され、ウイスキーに慣れていない人でも飲みやすく、飲み飽きないという特徴を備えています。
この香りと味わいをつくり出すために、宮城峡モルトはスチームによる間接蒸溜を採用。上向きのラインアームを持つバルジ型のポットスチルを使い、約130℃でじっくりと蒸溜します。蒸溜の過程で蒸気と香味成分が何度も繰り返し釜に戻り、その間に洗練された香りと味わいへと凝縮されていきます。
そのバランスの良さゆえに宮城峡モルトは余市モルトよりおとなしい印象がありますが、フルーティーでまろやかなシングルモルトとして多くの人を魅了しています。また、その華やかな存在感はピュアモルトウイスキーやブレンデッドウイスキーに欠かせないものとして、ニッカウヰスキーのおいしさを支えているのです。

ウイスキーの未来へ向け、個性豊かな原酒を育む。

竹鶴政孝が夢を実現する第二のステップとしてつくり上げ、当時30代の若手たちが中心となって運営を始めた宮城峡蒸溜所。その成り立ちにふさわしく、ここではニッカウヰスキーの未来への試みとも言うべき挑戦が続いています。
発酵から蒸溜・熟成に至るまでさまざまな工夫を積み重ね、常に新しいウイスキーのおいしさを追求。ブレンダーと連携しながら、大胆な発想でさまざまな個性の原酒づくりにチャレンジしています。また、宮城峡の伝統的なカフェ式連続式蒸溜機で蒸溜されたグレーンウイスキーは、その独特の甘みや香りによって世界のウイスキーファンを驚嘆させています。
こうした宮城峡の姿勢のベースにあるのは、竹鶴政孝の「ウイスキーは人がつくるものだ」という信念です。先進の技術を導入した工場でありながら人の手による技を磨き、その技を受け継ぐ人を育てることを何よりも大切にしているからこそ、宮城峡蒸溜所からはウイスキーの未来を切り拓くウイスキーが生まれ続けています。