余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。

トップ > 蒸溜所 > 余市蒸溜所 > 余市蒸溜所の紹介「1936年のポットスチル」

1936年のポットスチル

微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルト。
1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になった。

1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働

11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。
「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。それが余市流なんだわ。ホント、美味いよ。酒がなんぼでも進むんだ、うん」

秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。
60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。

しゃんしゃんしゃん。

馬車の鈴音が聞こえそうな素朴な景観は、昔も今もさほど変わってはいない。そして、その鈴音の幻聴は、工場内の1号ポットスチルまで続く。

日本でも本物の、最高品質のモルトウイスキーを作ることができる。できないはずがない。

竹鶴のそんな意志と悲願を託したポットスチルが稼働したのは、1936年。粉々に砕いた石炭を、スチルマンは汗にまみれながら炉にくべた。本場スコットランドと全く同じ、微粉炭直火蒸溜だった。

1936年、余市蒸溜所に最初に作られたポットスチル

「生命の水」ウイスキーのDNA

それから幾多の歳月を重ね現在も、ポットスチルはやはり石炭によって稼働している。この古来の手法を守り続けている蒸溜所は、今や世界でも希有。そして、 竹鶴の頑固なまでの一念は、世界一の称号を得た『シングルカスク・余市』として開花したのだ。

鮭はその命が果てるまで故郷の川を上り続ける。ただただ、新しい生命を残すために。DNAに刻まれた、頑固一徹の生命誕生メカニズム・・・。 余市蒸溜所の1号ポットスチルもまた、「生命の水」ウイスキーのDNAといえるだろう。

余市川の鮭がその生命とひきかえに産卵を終えた今、積丹半島は本格的な冬に突入しようとしている。

余市蒸溜所では、スコットランドでも珍しくなった石炭の火力による熱を使った蒸溜法を守り抜いている。効率性を超えた味へのこだわりは変わることがない。