余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。


ブレンダーの技と志

  • 佐久間 正  1982年、ニッカウヰスキー株式会社入社。入社後、北海道工場に配属。以降、欧州事務所長(ロンドン)、本社生産部原料グループリーダー、栃木工場長などを歴任。原酒づくりや樽貯蔵、原料調達、ウイスキーの本場での勤務などで見聞を広める。2012年4月からブレンダー室室長 兼チーフブレンダー
  • これからも受け継がれていく、技と志
    創業者の名を冠したブランド「竹鶴ピュアモルト」。その重みを大切に受け止め、さらに価値を高めるためには、ずっとおいしいウイスキーであり続けなければなりません。
    昨日より今日、今日より明日、日々品質を高めていこうとする意思と努力。それは、ブレンダーはもとより、蒸溜所で仕込みをする者、樽をつくる者、また、ボトリング工場で働く者、ニッカウヰスキーに関わる全員共通の想いです。
    「竹鶴」はまさにニッカを象徴するウイスキーであり、その名の下に、竹鶴政孝の信念を継承し続けていくブランドなのです。
    おいしく飲みやすいピュアモルトを、より多くの皆様に。
    「竹鶴ピュアモルト」の開発テーマは、モルトウイスキーでありながら、ブレンデッドウイスキーに匹敵するやわらかさをもつウイスキーでした。
    一般的に、ピュアモルトは個性があって重厚、ブレンデッドはライトな味わいというのが開発当時の常識でした。
    ブレンダーは、この難題に挑戦し、一見相反する魅力を両立させ、さらに、あえてエイジングごとに「個性のつくり分け」を目指しました。
    ニッカが誇る蒸溜所のモルト同士をヴァッティング。晴れて完成したのは、飲みやすく華やかな 「12年」。深い味わいと重厚感を持つ「17年」。濃厚で複雑な豊かさを堪能できる「21年」。そして、後に幾重もの繊細な香味が煌めく「25年」。
創業者の魂が息づくブランド「竹鶴」
香り高く、飲みやすく、豊かな味わいのモルトウイスキー”。それを実現したのは、
初代マスターブレンダー・竹鶴政孝から受け継がれてきたブレンドの技、経験、
そしてブレンダーたちの熱い想いにほかなりません。
「竹鶴ピュアモルト」は、「多くの日本の方々に本物のウイスキーを飲んでもらいたい」
という竹鶴政孝の情熱が結実したウイスキーとも言えます。

▲ PAGE TOP