現在ご覧のページは:
  1. HOME
  2. ニッカがおいしい理由
  3. 蒸溜所紹介
  4. 宮城峡蒸溜所
  5. 琥珀色の肖像・宮城峡
(本文ここから)

宮城峡蒸溜所 琥珀色の肖像・宮城峡

「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って政孝は蒸溜所の木々の伐採を
極力禁じました。 そのおかげで宮城峡蒸溜所は今や豊かな木々に囲まれ、幾たびもの四季を
琥珀色の豊かなウイスキーに映していきます。

  • ニッカ第二の蒸溜所誕生秘話

    1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になった。

  • ニッカ宮城峡蒸溜所 製樽工場

    ウイスキーのゆりかごと言われる「樽」
    樽づくりの技術は若い職人たちへ綿々と受け
    継がれている。

  • カフェ式連続蒸溜機秘話

    宮城峡で生まれるまろやかなモルトウイスキー。その味わいをより深いものにするのが
    グレーンウイスキーなのだ。

  • ニッカ池

    ニッカウヰスキーの琥珀色の夢に共感した人々の想いと期待がこめられている。

  • ふたつの清流が生み出すブレンドの神秘

    透徹した眼差しが、ウイスキーづくりの行く先を見すえる。 ブレンドの神秘は人間の感性の神秘でもある。

  • 蒸溜所建設こぼれ話

    政孝が川の水でつくった水割りを飲んで建設を決定したという宮城峡蒸溜所。その誕生にはさらにいくつかのエピソードがあった。

  • 蒸溜所の歴史[年表]

    1969年の竣工・操業以前に行われた現地調査や建設中の様子、そして現在へと続く歴史を年表形式で紹介。


(本文ここまで)
  • Page top