(本文ここから)

ウイスキーづくり体験 余市マイウイスキーづくり

参加者の声

今日の原酒と10年後のウイスキーを飲み比べたい。

ずっとウイスキーづくりに憧れてました。なかなか休みと開催日があわなくてあきらめていたのですが、やっと参加できました。作業の中で印象に残ったのは、キルン棟の作業です。ピートの煙で大麦をいぶす作業。雑誌やテレビで見た光景を、本当に自分もしているんだと思うとジーンとしましたね。自分たちが参加してつくった記念のお酒です。できあがりがとても楽しみです。今日の透明なニューポットと10年後のウイスキーを飲み比べるのがふたりの夢です。


ローテク、バンザイ!手づくり、バンザイ!

私たちはニッカ柏工場の近くに住んでいます。たまたま私に札幌での会合があり、ならばちょっと足を伸ばして参加しようと応募したところ見事に当選!余市蒸溜所は初めて来ましたがいいところですね。妻はすべてが絵のようだと蒸溜所の魅力にすっかりはまっています。私は余市蒸溜所のローテクの良さに惹かれました。効率やハイテクではつくれないものがあって、ウイスキーもそのひとつ。古くても時間がかかっても、手づくりにこだわるところからニッカのうまさが生まれるんだなとよくわかりました。


ますますニッカが好きになった2日間です。

5年くらい前からウイスキーにめざめました。いろいろ本を読む中で竹鶴さんの生き方を知ってすごく感銘を受けたのです。だから蒸溜所を訪れることがあったら最初は竹鶴さんが造った余市にしようと決めていました。余市蒸溜所に入ると吹き抜ける風に潮の香りがします。ああスコットランドのようって感動しました。蒸溜所の人たちのウイスキーを語るときの目が、真剣で温かいんです。ウイスキーをおいしく育てるのは人と環境なんだと余市蒸溜所にきてよくわかりました。ますますニッカが好きになった2日間です。


お酒のことなら何でも知りたくて参加しました。

バーテンダーになって1年ちょっと。ニッカのストイックな酒づくりは個人的に大好きで、その原点を知ることができればと思いました。ひとつ改めて納得したのは、何事でもいいものは一朝一夕にできないってことですね。私は今25歳なんですが、ウイスキーでいえば25年ものは最高においしい。それにくらべて自分はどうなんだって自身を省みたりしました。焦る気持ちもありますが、人間もウイスキーと同じで一朝一夕にはできあがらない。地道に研鑽を重ねて、お客様においしい1杯をつくれる人をめざそうと改めて思いました。


普通では見ることができない場所を体験できました。

おやじが毎晩ウイスキーで晩酌をしていて、その影響で私もウイスキー党に。余市蒸溜所へは3度ほど来ていますが、ウイスキーを自分でつくる機会があるなんて知らなかったんです。知っていたらもっと早く応募していましたよ(笑)。この2日間、一番うれしかったのは蒸溜所見学では見ることができない所、たとえばキルン棟の中とか糖化機の中に入れたこと。実際に体験しているせいでしょうか、ウイスキーができる行程をより理解できたことです。まさにニッカのウイスキーは手作りのうまさだと、改めてうれしくなりました。


10年後も健康であるために参加しました。

実は個人的なことですが、まだ子供が2歳と4歳で、家族のためにもまだまだがんばらなくてはなりません。そのための張り合いが欲しくて参加しました。ええ、10年後に自分のウイスキーが出来上がるじゃないですか。それを味わうためには、まず自分が健康でなければなりませんからね。ウイスキーづくりは何度も経験できることではないから、積極的に2日間を過ごしました。説明を聞くときも常に最前列で、参加された方ともたくさんお話ししました。終わってみるとあっという間の2日間。本当に10年後が楽しみです。それを楽しむまでは、へばってなんかいられませんよ。


(本文ここまで)
  • Page top