余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。

トップ > 宮城峡蒸溜所 見学ガイド > 山寺芭蕉記念館

◆ 周辺ガイド

◆ 山寺芭蕉記念館

芭蕉の奥の細道300年を記念して建てられた記念館。

奥の細道

元禄2年(1689)の春、松尾芭蕉は門人曾良を伴い江戸を出発しました。
山刀伐峠を越えて山寺を訪れたのは7月13日(新暦)の夕方頃。
麓の宿坊に荷物を預けた芭蕉は何者かに誘われるように山寺に登りました。
彼はそのときの様子を次のように書き記しました。
「岸をめぐり岩をはい這て仏閣を拝し、佳景寂寞(かけいじゃくまく)として心すみ行のみおぼゆ」
すっかり山寺に魅せられた芭蕉は
名句「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」を詠み、
再び奥の細道を辿る旅に出たのです。
山寺芭蕉記念館は、芭蕉の奥の細道300年を記念して建てられたもので、館内には芭蕉の遺墨を中心に奥の細道関係資料、俳文学に関する資料を展示。映像コーナーでは芭蕉を解説する映画「奥の細道 百代の過客」「芭蕉の先達 漂泊の歌人 西行」を上映しています。

山寺芭蕉記念館

住所:山形市大字山寺字南院4223
電話:023-695-2221
交通:JR仙山線山寺駅から徒歩約8分。駐車場有り。
利用時間:展示の観覧  9:00~16:30
研修室・茶室 9:00~21:00
※季節・イベント等によって利用時間が変更になる場合があります。
休館日:月曜日(休日と重なるときはその翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

常設展示室
松尾芭蕉の遺墨を中心に奥の細道関係資料を展示。

芭蕉堂
茶室、立札席開席については記念館へお問い合わせください。