余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。

◆ 周辺ガイド

◆ 余市川

余市川は鮎の最北限、鮭がのぼる川で知られています。かつて余市蒸溜所は貯蔵庫の周辺を沼で囲まれ、沼は中洲をへだてて余市川につながっていました。

清冽な余市川のせせらぎ

鮎の最北限、鮭がのぼる川で知られている余市川は、余市岳中腹から流れ出し、50kmの流程で日本海に注いでいます。かつて余市蒸溜所は貯蔵庫の周辺を沼で囲まれ、沼は中洲をへだてて余市川につながっていました。

川は下流にはコイ、上流はヤマメ、イワナ等が生息。余市川河口から約4キロ上流にあるあゆ場では、秋を迎えると産卵のために遡上してきた鮭が水面で跳ねる姿を見ることができます。やがて産卵を終えた鮭は、その生涯を終え、代わりに新たな生命が生まれ出る準備を始めるのです。産卵された卵は、真冬に孵化。稚魚は堆積した砂利の中で春まで過ごし、雪どけと共に海に下りはじめます。オホーツク海に出た鮭は餌を求めて回遊し、小魚などを食べて成長し、3年から6年の間を海で過ごした後、産卵のため再び生まれた川へ戻ってくるのです。

なぜ鮭は自分が生まれた川に戻ってくることができるのか。諸説ありますが「地球の磁気を感じとり、帰って来る」とも「生まれた川のにおいを覚えていて母なる川にたどり着く」とも言われています。清冽な余市川のせせらぎに耳を傾けながら、生命の神秘に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

鮭が遡上する余市川。
毎年7月には鮎釣りが解禁される。

余市側にかかるあゆ見橋。上から川をのぞくと鮭の群れを見る事ができる。

余市側に戻ってきた鮭。産卵場所に着くと自分の尾で穴を掘り卵を産みつける。

詳しいお問い合わせは

余市観光協会 総合観光案内所

http://yoichi-kankoukyoukai.com

所在地:〒046-0003   北海道余市郡余市町黒川町5(余市町物産観光センター内)

TEL:0135-22-4415