余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。

トップ > 余市蒸溜所 見学ガイド > 余市の鮭漁

◆ 周辺ガイド

◆  余市の鮭漁

今でも余市港は、海老、イカ、ウニなどの魚介類を送り出す港として賑わっており、鮭の定置網漁が行われています。

昔ながらの歴史ある港

余市港は、慶長4年の松前藩の頃から栄えた、古い歴史を持つ港です。豊富な魚介類を北前船に乗せて、北陸や大阪まで運んだ時代もありました。
また、明治以降はニシン漁とともに発展を遂げ、余市はソーラン節発祥の地とも言われています。
(※ソーラン節はニシン漁の作業唄として誕生したもので5曲構成のなかの4番目に歌う沖揚げの唄が一般にソーラン節として知られています)

現在でも余市港は、海老、イカ、ウニなどの魚介類を送り出す港として賑わっており、港から約700メートル沖では鮭の定置網漁が行われています。
定置網は海に網を仕掛けておき、魚を網の中へ誘導して引き上げ、タモ網で魚を捕らえる漁法です。

漁が始まるのは早朝5時。
船員が一列に並んで素早く網をたぐり寄せていきます。
やがて泳ぐ鮭の姿が見え始め、網が水面近くに寄せられると大量の鮭がピチピチと跳ね、網の中は鮭一色に。タモ網ですくわれた鮭はキャビンに収納され、船上で大きさなどを選別。

港で雄雌に分けられた後、競りにかけられます。
ここで獲れた鮭の殆どは余市をはじめ道内の鮮魚店、飲食店などへ。

余市蒸溜所のレストハウス1階にあるレストラン「たる」でも余市港で水揚げされた新鮮な魚介類をお楽しみいただけます。

アクセス

余市蒸溜所正門前の道を右へ。道道755号線を右折、然別(しかりべつ)方向へ。余市川沿い。車で約5分。

余市港沖で行われる定置網漁。
網を手繰り寄せると大量の鮭が。

タモ網で鮭をひきあげる。現在はモーターを使用しているが、昔は人力のみであった。

慶長4年の松前藩の頃から栄えた、古い歴史を持つ港。

詳しいお問い合わせは

余市観光協会 総合観光案内所

http://yoichi-kankoukyoukai.com

所在地:〒046-0003   北海道余市郡余市町黒川町5(余市町物産観光センター内)

TEL:0135-22-4415