余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。

トップ > 余市蒸溜所 見学ガイド > 余市の観光農園

◆ 周辺ガイド

◆  余市の観光農園

余市の果樹園では、季節折々の果物が収穫されます。もぎたての果物のおいしさをどうぞ。

もぎたての果物のおいしさを楽しむ

余市の果樹園では、初夏のイチゴから始まり、サクランボ・プラム・モモ・ブドウ・リンゴ・ナシといった季節折々の果物が収穫されます。

今でこそフルーツ王国と呼ばれる余市の果樹栽培ですが、始まりはアメリカ産のリンゴの苗木でした。
日本で初めてリンゴが実ったのは1879年。場所はニッカウヰスキー創立者竹鶴政孝と妻リタが暮らした余市山田村(現在の山田町)でした。

北海道開拓使顧問だった黒田清隆が、アメリカからリンゴの苗木を取り寄せ、果樹栽培を奨励。
余市は北海道を代表するリンゴの産地になったのでした。

かつて余市工場ではウイスキーの熟成を待つ間、リンゴジュースをつくっていたことがありました。

余市とリンゴ、そしてニッカウヰスキーは見えない糸で繋がっていたのでしょうか。

それぞれの収穫時には、もぎたてをその場で味わえる観光農園にたくさんの人たちが訪れます。
9月以降はブドウやプラム、リンゴが実りの時を迎え、余市は果物の甘酸っぱい香りに包まれます。

自分の手で収穫した旬の果物を味わう楽しさは、また格別。
ぜひ体験してみてください。

余市の主な観光農園

斎藤観光農園
住所:黒川町893 / 電話:0135-22-3626
あさだ園
住所:黒川町129 / 電話:0135-23-3860
山本観光農園
住所:登町1102-5 / 電話:0135-23-6251
中井観光農園
住所:登町1383 / 電話:0135-22-2565
庭田フルーツファーム
住所:登町1401 / 電話:0135-22-2462
山秀観光農園
住所:登町1117 / 電話:0135-22-2385
田中観光農園
住所:登町1013 / 電話:0135-22-3936
新藤観光農園
住所:黒川町775 / 電話:0135-22-3943

※果物狩りに訪れる場合は事前に電話で状況確認してください。

詳しいお問い合わせは

余市観光協会

http://yoichi-kankoukyoukai.com

所在地:〒046-0003   北海道余市郡余市町黒川町8丁目4番地

TEL:0135-22-4415