トップ > ニッカウヰスキーワンショットコラム

No.23 「セント・パトリックス・デー」がやってくる。

もうすぐ3月。春を迎え、日本各地でさまざまな行事やイベントが催される一方、世界5大ウイスキーの生産国のひとつ、アイルランドでは、3月17日の国民的祝日「セント・パトリックス・デー」が最大級のフェスティバルとして盛り上がります。

「セント・パトリックス・デー」は、アイルランドの守護聖人である聖パトリックの命日を記念して祝う日。アイルランド本国はもとより、アイルランド系住民が多いアメリカやカナダ、イギリス、オーストラリアなど世界各国の都市で大規模なパレードやイベントが開催されます。日本でも東京をはじめ、各地でパレードが行われるようです。

お祭りの一番の特徴は、“緑色に染まる”ということ。緑色は自然豊かなアイルランドを象徴する色で、街は緑色に飾り付けられ、ランドマークが緑色にライトアップ。人々は何かしら緑色のものを身に着けてお祭りを楽しみます。

そして、アイリッシュパブやバーに集まって、皆でワイワイお酒を飲むのも楽しみのひとつ。ウイスキーファンならこのムーブメントを見逃さず、3月中旬はお店やご自宅でアイリッシュウイスキー「ブッシュミルズ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※商品のデザインは撮影当時のものです。

アイリッシュウイスキー「ブッシュミルズ」
緑色に染められたシカゴ川