トップ > ニッカウヰスキーワンショットコラム

No.31 手軽でおいしいクリームチーズの応用。

チーズはウイスキーとよく合うおつまみのひとつです。適度な脂肪分と塩分、発酵に由来するわずかな酸味や複雑な風味を持ち、全般的にウイスキーと好相性。中でも手軽で、バリエーション豊富に“応用”できるのがクリームチーズです。

クリームチーズはそのままウイスキーと合わせてもおいしくいただけますが、他のおつまみをトッピングしたり、和えたりして、さらにひと味違ったおつまみを簡単に用意することができるのが特長。

前回、「干し柿のクリームチーズ乗せ」をご紹介しましたが、フレッシュフルーツやドライフルーツを一緒に組み合わせると、果物の甘酸っぱさが加わり、さらにウイスキーにぴったりのおいしさが期待できます。これからの季節は、リンゴの薄いスライスとクリームチーズの組み合わせなどがおすすめです。

また、ウイスキーと相性の良いナッツとの組み合わせも抜群。他にはスモークサーモンと合わせて、さらには、鮭フレークと和えるとおいしいディップが出来上がります。そして、変わったところでは、塩昆布との組み合わせ。塩昆布の旨みとクリームチーズの酸味がほどよくマッチして、ウイスキーと合います。

組み合わせは自由自在。いろいろ試して、ウイスキーのお供となる「クリームチーズおつまみ」を見つけてください。

 
ドライフルーツ入りクリームチーズ
塩昆布とクリームチーズ