トップ > ニッカウヰスキーワンショットコラム

No.38 前例のないブレンドへのチャレンジ。

昨年、60周年を迎えた「ブラックニッカ」ブランド。その魅力をさらに高めるため「ウイスキーって、おもしろい。」というスローガンを掲げ、新たな挑戦を続けています。『ブラックニッカ クロスオーバー』は、「ブレンダーズスピリット」に次ぐ数量限定ウイスキーの第2弾。「ストロングタイプの飲みごたえあるウイスキー」というのが開発当初のテーマでした。

ブレンダーが最初にイメージしたのは余市蒸溜所のヘビーピートモルト。これにしっかりと熟成したグレーンやさまざまな原酒をブレンドすれば、十分に厚みのあるブレンデッドウイスキーが出来上がります。しかし、ここで「前例のないブレンドへのチャレンジ」が始まります。セオリーや万人受けを意識せず、ディスカッションと試作が繰り返されました。

そうして誕生したのが『ブラックニッカ クロスオーバー』。“全体的な調和”を重視する従来のブレンデッドウイスキーとは一線を画し、余市のヘビーピートモルトと宮城峡のシェリー樽モルト、ふたつの強い個性が時間差で現れ、交差します。ブレンダーによれば、対極の個性を際立たせながらも“飲みやすさとバランス”を成立させる土台づくりにも苦労した、ということです。

より多くの人においしいウイスキーを愉しんでいただくために、ウイスキーの新しい可能性を発見し、提案し、広げていく。竹鶴政孝から受け継ぐ信念を胸に、「ブラックニッカ」は進化を重ねていきます。

ブラックニッカ クロスオーバー