余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。

トップ > ニッカウヰスキーワンショットコラム

No.42 ウイスキーの可能性を広げる「カフェ式連続式蒸溜機」

ニッカのウイスキーづくりにおいて、極めて重要な役割を果たしているもののひとつが「カフェ式連続式蒸溜機」(カフェスチル)です。1963年、竹鶴政孝が、本場スコットランドに負けないブレンデッドウイスキーを生み出す夢をかけて導入しました。

政孝がこだわった「カフェ式連続式蒸溜機」は、当時としても極めて旧式の機械でした。しかし、新型の連続式蒸溜機に比べてアルコール精製度や蒸溜効率が劣る反面、蒸溜液にほどよく甘みや香味成分を残します。それこそが、政孝が求めたグレーンウイスキーのおいしさだったのです。

ニッカのブレンデッドウイスキーを支えるカフェグレーンは、ブレンド用としてはもとより、それそのものの味わいをお楽しみいただける『ニッカ カフェグレーン』として商品化。世界でも高い評価を受けています。

一方、通常、単式蒸溜器(ポットスチル)で蒸溜されるモルトウイスキーを、「カフェ式連続式蒸溜機」で蒸溜したのがカフェモルトです。こちらも『ニッカ カフェモルト』として登場。原料由来の香味を残す「カフェ式連続式蒸溜機」ならではのやわらかなコクとまろやかさ。そして、モルトの甘さと芳しさが特長です。

このたびの「ウイスキーフェスティバル 2017 in 東京」では、チーフブレンダ― 佐久間正が「カフェシリーズ」のセミナーを開催。そして、11月発売の『ブラックニッカ アロマティック』には、カフェグレーンとカフェモルトがともにブレンドされています。現在、世界でも稀な存在となった「カフェ式連続式蒸溜機」は、まだまだ、ウイスキーの新しい可能性を広げてくれそうです。

 
ニッカ カフェグレーンとニッカ カフェモルトニッカ カフェグレーンとニッカ カフェモルト
ブラックニッカ アロマティック
ブラックニッカ アロマティック