トップ > ニッカウヰスキーワンショットコラム

No.45 「ウイスキーフロート」を愉しむ。

ウイスキーフロートはその名の通り、ウイスキーを水に浮かべた(フロートさせた)飲み方。ウイスキーと水の比重の違いを利用してつくるウイスキーカクテルです。

つくり方は、まず、氷を入れたタンブラーに水を6~7分目ほど注ぎ、軽くかきまぜて冷やします。水の動きが落ち着いたところで、タンブラーと水面の接点にスプーンの先端をつけ、ウイスキーを優しく静かに注ぎます。すると、透明な水の上に琥珀色のウイスキーが浮かび、見た目も美しいウイスキーフロートの出来上がり。水3に対してウイスキー1くらいの割合がおすすめです。

飲む際は、まず、ウイスキーと水が混ざらないように静かにグラスを運び、浮かんだウイスキーの香りを愉しみましょう。そして、そっと口をつけて、ストレートウイスキーの味わいを。続いて氷とウイスキーが重なったロック、最後はやわらかな水割りを。1杯で3通りの味わいの変化を愉しむことができます。

ウイスキーフロートにおすすめのウイスキーは『スーパーニッカ』。水と出逢い、交わることで、宮城峡モルト・余市モルト・カフェグレーンの絶妙な調和が花ひらきます。深く甘やかな香り、なめらかな口当たりとまろやかなコク、穏やかなピートの余韻。ぜひ、『スーパーニッカ』のウイスキーフロートをお試しください。

香りに出逢うグラス
冷水にウイスキーを静かに注ぐ
香りに出逢うグラス
ウイスキーフロートの完成