トップ > 商品紹介 > 「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2019」最高賞トロフィー受賞!
『竹鶴25年ピュアモルト』「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2019」ジャパニーズウイスキー部門最高賞トロフィー受賞

世界的な酒類品評会である「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)2019」において、ジャパニーズウイスキー部門最高賞となる“トロフィー”を受賞しました。
「竹鶴25年ピュアモルト」は、ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2019“ワールド・ベスト・ブレンデッドモルトウイスキー”受賞と合わせ、同一年に最高賞ダブル受賞を達成。
また、ニッカブランドがISCで“トロフィー”を受賞するのは、2009年「竹鶴21年ピュアモルト」、 2015年「フロム・ザ・バレル」、2017年「ニッカ カフェモルト」、2018年「ニッカ カフェウオッカ」に次いで5度目のISC最高賞受賞となります。

竹鶴25年ピュアモルト

竹鶴25年ピュアモルト

25年を超える長期熟成モルトを丁寧にヴァッティングした希少な逸品。
豊かに広がる芳醇な樽の甘さとほのかなピートのビター感。穏やかな甘さとほのかな苦さがかすかに余韻を残す、まさに「秀麗な味わい」です。

■容量:700ml
■アルコール分:43%
■参考小売価格:70,000円(税別)

ブランドサイトへ

ニッカウヰスキー(株)チーフブレンダー佐久間正のコメント

「竹鶴25年ピュアモルト」として初めて、「竹鶴」ブランドとしては2009年の「竹鶴21年ピュアモルト」に続いて2度目のトロフィー受賞となりました。「竹鶴25年ピュアモルト」として本年3月に発表されたWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)世界最高賞に続く今回の栄誉は、私たちの真摯にウイスキーづくりに取り組む姿勢から生まれた品質を世界に認めていただいた証であり、ブレンダーとしてこの上ない喜びを感じています。

この度の受賞を励みとし、創業者・竹鶴政孝から続く挑戦の歴史を次世代につなげるべく、お客様にご満足いただけるニッカウヰスキーならではの商品を、これからもつくり続けてまいります。

チーフブレンダー
ISC
インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ (ISC)とは

毎年イギリスの酒類専門誌「ドリンクス・インターナショナル」が主催している酒類品評会です。
ウイスキー部門のほか、ブランデー、テキーラ、ジン、ウオッカなどの部門があり、審査はブラインド・テイスティングによって行われます。各部門のカテゴリーから、ダブルゴールド、ゴールド、シルバー、ブロンズなどが選ばれます。ウイスキー部門については、世界の著名なウイスキー蒸溜所のブレンダーやディスティラーなどが審査員となっています。