*Firefox最新版をご利用のお客様へ* ページの背景画像が正しく表示されない場合、こちらをクリックお願いします。

トップ > 商品紹介 > ブレンデッドウイスキー > ニッカ セッション

スタートは、「ウイスキーらしさ」からの脱却。思いのままに挑んだ、新しいブレンデッド・モルト。

ブレンドに取り組む前に、ブレンダーは、ふと考えた。
新しいウイスキーをつくる、ということが
今までにないおいしさをつくることであるのなら、
まずは「ウイスキーかくあるべし」という
固定観念を捨て去るべきではないか。
視野を狭くするような約束事は、
一度きれいに忘れてしまおう。
ルールは、ふたつだけ。
誰でも気負いなく楽しめるウイスキーであること。
かと言って、ただ飲みやすいだけではない、
古くからのウイスキーファンも虜にするほど
おいしいウイスキーであること。
あえてグレーンを使わないブレンデッド・モルトで、
やってみよう。
これが、チャレンジの始まりだった。

ニッカ セッション

心地よい音楽のようなウイスキーをつくるために。スコットランドと日本から、モルトを選ぶ。

ブレンダーがイメージしたのは、音楽。
凄腕のアーティストたちによるセッション。
類まれな才能と技術を持つ演奏家たちが、それぞれ持ち味を発揮しながら
肩の力を抜いて遊ぶように、心地よいサウンドを展開する。
そんなウイスキーは、できないだろうか。
ブレンダーは試みを重ね、
スコットランドのモルトと日本のモルトの組み合わせにヒントを見出した。
ハイランドで育まれた、フルーティーでかろやかなベン・ネヴィスや、
華やかな香りを咲かせるスコティッシュモルトの数々。
そして、ふくよかな宮城峡モルトと、力強い余市モルト。
個性豊かなモルトたちが出会い、圧巻のパフォーマンスが始まった。

スコティッシュのメロディーと、ジャパニーズのリズム。華やかに始まり、かろやかに広がり、引き締まった余韻を残す。

イントロは、明るく華やかに弾むフルーティーな香り。
つづいて、熟成を重ねてクリーミーななめらかさを身につけたスコティッシュモルトが
バニラのような香りを漂わせながら、甘いメロディーを繰り広げる。
ベースに流れるのは、おだやかな宮城峡モルト。
ゆるやかにうねるリズムで、個性的なスコティッシュの音色をまとめあげる。
エンディングは、ややビターに。
ヘビーピートの余市モルトが、わずかに緊張感漂う余韻となって、静かにつづく。
複雑で重層的なのに、思わず微笑んでしまうようなおいしさ。
これが、ニッカウヰスキーのセッション。
ブレンダーの想いがつくった新しい音楽が、飲む人を心地よく引き込んでいく。

セッション・ソーダ - session soda

フルーティーさと甘さが、よりヴィヴィッドに。

割合はウイスキー1:炭酸3。弾ける泡が華やかな「session soda」。
ビターや香ばしさはバイプレーヤーに回り、
ポップに広がるさわやかでフルーティーな香りと、
甘みのあるコク豊かな味わいが主旋律に踊り出る。口当たりはやさしく、かろやか。
清涼感に負けない、熟成を重ねたモルトの甘さが、
旨味を含んだ繊細な塩味と互いに引き立てあう。
たとえば新鮮な青魚や山菜の天婦羅、生ハムなどとともに。
食の楽しみも心地よく広げてくれる。

セッション・ロック - session rock

年齢を重ねたスコティッシュの、とろけるような旋律。

氷を加えると歌い始めるのは、老練なスコティッシュ。
長い年月を重ねるうちに熟成を深め身につけたまろやかさと
とろりとミルキーな円熟味が広がる「session rock」。
余韻に流れる樽のビターとピートのデュエットは氷が溶けるとともに弱まり、
モルトの甘みが主旋律に加わってくる。
リンゴやイチゴなどさわやかな味わいのドライフルーツ、
ミルクチョコやフルーツチョコを合わせて
重層的なモルトのサウンドに耳を傾けてほしい。

セッション・ウォーター - session water

水を得て現れる、モルトのやさしい甘さと香ばしさ。

多様なモルトが集う編成の中から、
宮城峡とベン・ネヴィスが立ち上がり
やわらかなメロディーを奏で始める「session water」。
水を加えることで花や果実を思わせる香りが華やかに広がり、
モルトの甘さや穀物を感じる香ばしさの後に
程よくビターな余韻が追いかけてくる。
ウイスキー1:水2の割合でも清々しく、流れるように軽やかに。
モルトの旋律がスパイシーな肉料理や濃厚な中華料理の旨みにも負けず、
さわやかに調和する。

香 り オレンジやりんごのような爽やかな香りとモルトの甘さと香ばしさ。
樽由来のおだやかで心地よいバニラ香。
味わい なめらかでクリーミーな口当たり。
オークの甘さと調和したフルーティーで軽やかな味わい。
余 韻 ほのかにビターな味わいとピートの余韻がゆっくりと広がる。