余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。



(本文ここから)
ニッカワールド ニッカの語らい(掲示板)

321

十年目のマイウィスキー懇親試飲会

投稿者:キナンポ(北海道弁で魚のマンボーのこと)(2015/12/22 21:50:20)

12月5日に行われた10年目のマイウィスキー懇親試飲会に参加しました。当日は吹雪模様で、朝、7時過ぎにマイカーで出発。函館からニセコ、倶知安経由ではなく、日本海側の雷電海岸を通って余市のホテルに11時半頃到着し、車を預けてすぐに蒸留所に向かいました。21号倉庫で自分を含め2005年5月9日参加のグループで仕込んだ樽番号406972を確認し、式に臨みました。余市蒸留所はマッサン効果で、今年は見学者が90万人になる見込みで、対応に嬉しい悲鳴を上げているとのこと。ニッカ会館2階の会場には2005年にマイウィスキー作りに参加された方がざっと100名程参加されており、グループ毎にテーブルに付いていました。自分達のグループも10年振りの再開でしたが、すぐに打ち解けてウィスキー作りを懐かしんでいました。ニッカのスタッフもマスターブレンダーを含め専門家の集団が各テーブルを回り参加者の質問に答えられていました。他のグループの仕込んだシングルカスクも試飲しましたが、自分のような素人でも香りや味わいに微妙なちがいがあることがわかりました。スタッフの1人から「10年待つということも仕事のうち」との言葉が強く印象に残っています。後、自分達のグループに余市蒸留所のガイドの卵が実習生として参加されていました。この方がテーブルに来られ挨拶されましたが、現在もガイドを続けられているとのこと。当時の初々しい女の子からりっぱな大人の女性になっていることに10年の月日を感じました。あっというまでしたが、楽しい2時間を過ごさせていただきました。自分の年齢から多分、これが一生に一度のイベントとなると思い、感無量のものがあります。今もその余韻に浸りつつ、あらためて、我がグループと当日参加者全員の幸多きことを切に祈ります。

上記の発言を自分の発言内に引用する

この発言に対し投稿される場合、発言入力欄とは別の欄にこの発言が表示されます。 この発言を自分の発言内に引用されたい場合だけチェックを入れてください。


この発言に対して投稿

321

十年目のマイウィスキー懇親試飲会

キナンポ(北海道弁で魚のマンボーのこと) (2015/12/22 21:50:20)

ニッカの語らいへもどる

(本文ここまで)
  • Page top