トップ > ニッカウヰスキー80周年ストーリー

心を熱くするウイスキー

2014年7月2日、ニッカウヰスキーは創業80周年を迎えました。この節目に私たちがもう一度胸に刻むのは、「日本で本物のウイスキーをつくりたい」という創業者・竹鶴政孝の夢。単身スコットランドに渡ってウイスキーづくりを学び、品質にこだわり抜いた竹鶴政孝の熱い想いを、あらためて原点として掲げます。素材を選び抜き、伝統の製法に新しい工夫を加え、個性豊かな原酒をつくる。大自然に敬意を払いながら、熟成に最適な環境を整える。揺るぎない品質と新しい調和の発見を目指し、ブレンド技術を磨く。私たち一人ひとりがそれぞれの仕事に情熱を燃やすのは、ウイスキーが何よりも好きだから。おいしいウイスキーをつくり、日本中の、そして世界中の人々に喜んでいただくことほど、幸せな仕事はないと思っているから。竹鶴政孝を夢に向けて動かしたウイスキーへの想いは、私たちの中にしっかりと受け継がれ、未来へ向かう情熱となって燃え続けています。私たちがつくるウイスキーが、味わう方たちの心を熱く震わすことができるように。私たちの夢と情熱が、少しでも多くの方たちに伝わるように。ニッカウヰスキーは、伝統が培った技と挑戦者の誇りとともにこれからも進み続けます。

ニッカウヰスキー80周年MOVIE

TOPへ戻る