トップ > ニッカウヰスキーワンショットコラム

No.04 夏は、ミントとウイスキー。

夏ならではのウイスキーの愉しみ方といえば「ミントジュレップ」ではないでしょうか。アメリカでは南部を中心に古くから親しまれてきたカクテルです。爽快のミントのフレーバーが、ウイスキーと香り、甘みと相まって、暑さを忘れさせてくれますね。

その基本的なつくり方はいたって簡単。

グラスに、ミントの葉と砂糖、少量の水(または砂糖と水の代わりにシュガーシロップ)を入れて、軽く潰す。
クラッシュアイスを詰めたグラスにウイスキーを注ぎ、よくステアしてミントの葉を飾る。

ミントの潰し加減はお好みに応じて試してみてください。軽くこする程度でも香りは立ちます。より清涼感が欲しい場合は多少強めに。潰し過ぎるとえぐみが出ることもあります。また、クラッシュアイスで満たすためストローを使うと飲みやすく、より“夏らしい気分”を愉しめそうです。

一方、近年、ミントを使ったラムベースのカクテル「モヒート」が大人気。こちらは、ミントの他にライムを加え、最後にソーダを注ぎます。この手法で、ベースをウイスキーに変えた「ウイスキーモヒート」も、ぜひ、試してみてください。ソーダをジンジャーエールに変えてもおいしいですよ。

ほとんどのミントは丈夫な多年草で、栽培しやすいハーブといわれています。ご自宅のプランタで育て、収穫したミントをたっぷり使い、「ミントジュレップ」や「ウイスキーモヒート」を味わう。そんな愉しみ方もいいですね。



ミントジュレップ