トップ > 蒸溜所 > 宮城峡蒸溜所
宮城峡蒸溜所

竹鶴が夢見た未来を、実現する場所。

ここは、ふたつの清流に恵まれた、緑豊かな峡谷。
ウイスキーのさらなる未来を実現するために、
竹鶴政孝と年若いスタッフたちが築き上げた宮城峡蒸溜所。
華やかでおだやかなモルト原酒とともに新しい試みが次々と生まれています。

仙台・宮城峡蒸溜所だより

宮城峡蒸溜所誕生日

2015/05/12(火)

みなさんこんにちは。
宮城峡のゴールデンウィークは天気にも恵まれ、たくさんのお客様にご来場いただき大変盛り上がりました。
さて、5月10日は、宮城峡蒸溜所の誕生日でした。。昭和44年5月10日に竣工し、おかげさまで今年47年目を迎えます。
そして48年前の本日5月12日は竹鶴政孝が蒸溜所建設地をここ宮城峡に決めた日でした。
竹鶴は新川の水で作ったブラックニッカの水割りを飲み、こう言いました。
「実に素晴らしい水だ」
そのようにして竹鶴政孝の長年の夢だった、第二の蒸溜所は、ここ宮城峡に誕生したのです。
そんな5月12日は、少し曇り空ですが、蒸溜所内のつつじはとてもきれいに咲いています。
見学中、仕込塔の醗酵タンク付近の窓から外を見るとハート型のつつじが見れるかも?という噂です。

写真

宮城峡蒸溜所見学のご案内

みなさまに、ウイスキーというお酒を身近に感じていただくためのキッカケになればと思い、宮城峡蒸溜所では、蒸溜所見学の案内を行っております。是非一度、素晴らしい自然環境の中で育まれるニッカウヰスキーを体験してください。

宮城峡蒸溜所見学ガイド