余市蒸留所写真 余市蒸留所写真

お酒の商品情報が含まれますので、
20歳未満の方は、ご覧いただけません。

お客様は、20歳以上ですか?

  • はい
    サイトを閲覧する
  • はい
    サイトを閲覧する
  • いいえ
    トップページへ
  • いいえ
    トップページへ

※20歳未満の方と端末を共有している場合は、チェックを外してください。

トップ > 商品紹介 > グレーンウイスキー > カフェ・グレーン

(本文ここから)
  • 商品特長
  • カフェグレーンとは
  • TOPICS
NIKKA COFFEY GRAIN WHISKY ニッカ カフェグレーン 伝統的な連続式蒸溜機が生む甘い香りとなめらかな口当たり。ニッカの新しい味わいが誕生。

この甘さはカフェ式ならでは。ニッカの新しい味わいが誕生。

「ニッカ カフェグレーン」は、世界でも稀少な“カフェ式連続式蒸溜機”でつくられた味わい深いグレーンウイスキーです。一般的なグレーンウイスキーに比べ、原料由来の甘さがしっかりと残っているのはカフェ式だからこそ。ニッカのブレンデッドウイスキーにあるまろやかな余韻は、この「カフェグレーン」のほのかな甘さにあるといえるのです。ブレンデッドウイスキーのベースとしてだけではもったいない、この奥深い味わいをお愉しみください。

テイスティングノート
ページ上部へ

竹鶴政孝がこだわった「本物のおいしさ」。ニッカの伝統的なグレーンウイスキー。

ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所では、世界でも稀少となった「カフェ式連続式蒸溜機」を
使用し、伝統的なグレーンウイスキーづくりを行っています。
「カフェ式連続式蒸溜機」が発明されたのは1830年頃です。
開発者、イーニアス・カフェの名にちなんで「カフェスチル」と呼ばれています。
現在主流となっている連続式蒸溜機はアルコール精製度を高められる反面、
香味成分までも除去してしまいます。一方、旧式で蒸溜効率が劣る
「カフェ式連続式蒸溜機」の蒸溜液には原料由来の香りや成分がしっかりと残ります。

カフェ式連続式蒸溜機(イメージ)

それを熟成した後、モルトとブレンドすると、
貯蔵後にモルトの個性を引き出しながら新たな香りと
味わいを生み出してくれるのです。
ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝がこの蒸溜機を
導入した1963年当時としても“極めて旧式”でしたが、
「本物のおいしさ」を求めた氏のこだわりだったのです。


ページ上部へ

モルトウイスキーとカフェグレーンウイスキーのつくり方の違い。

モルトウイスキー[余市蒸溜所・宮城峡蒸溜所]/カフェグレーンウイスキー[宮城峡蒸溜所]
ページ上部へ

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ International Spirits Challenge2016 金賞受賞 ■インターナショナル・スピリッツ・チャレンジとは毎年イギリスの酒類専門出版社「ドリンクス・インターナショナル」が主催している酒類品評会です。ウイスキー部門のほか、ブランデー、テキーラ、ジン、ウォッカなどの部門があり、審査はブラインド・テイスティングによって行われます。各部門のカテゴリーから、金賞、銀賞、銅賞などが選ばれます。ウイスキー部門については、世界の著名なウイスキー蒸溜所のブレンダーやディスティラーなどが審査員となっています。

日本に先駆け欧州で発売。多くのウイスキーファンを魅了。

「ニッカ カフェグレーン」は、日本よりひと足早い2012年に欧州で発売。欧州全域に販売網を持つ、ウイスキー商社「メゾン・ド・ウイスキー」(本社・フランス)にて広く販売されており、ニッカの新しいウイスキーとして、多くのファンの方に親しまれています。欧州で発売している「ニッカ カフェグレーン 500ml」は、その洗練されたウイスキーボトルやパッケージのデザインが評価され、「ワールド・ウイスキー・デザイン・アワード2013 ベスト・グレーンウイスキー」を受賞しました。 「ワールド・ウイスキー・デザイン・アワード2013 ベスト・グレーンウイスキー」受賞

まずはストレートで甘さを実感。カクテルで楽しみ方の幅を広げる。

「ニッカ カフェグレーン」の甘さを実感するために、最初の一杯はぜひストレートで。やわらかで厚みのある味わいが広がります。さらにカクテルとして楽しむなら、ライウイスキーの代わりに「ニッカ カフェグレーン」をベースにしたマンハッタンがおすすめです。甘くなめらかな口当りをお楽しみいただけます。 カフェグレーン・マンハッタン

※写真はイメージとなります。 ※デザイン・仕様等は写真と異なる場合がございます。

ページ上部へ
NIKKA COFFEY MALT WHISKY ニッカ カフェモルト
アサヒショップで発売中!
(本文ここまで)